井関とムラ

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、看護師の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。なので、パートとして働くことにシフトするという看護師も多くいるということです。公務員看護師になるには、国公立の医療機関で働くことです。実際、看護師の職業は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だということで高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらはなによりも嬉しいメリットですよね。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。職場では女性が多数で、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。しかし、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、駄目になってしまうこともあるようです。一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法も異なります。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人看護師の意欲も上げられると言われています。一般的に、看護師の休みは、本人が働いている医療機関で各自違うようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。一般的に、看護師として勤務する人は女性が大部分を占めているため、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。それから、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して結果的に離婚してしまう方も多いようです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると安定的に待遇が良いのが見て取れます。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。このような高給で安定した職場という面では人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。平均的に離職者の多い看護師という職業は、結果的に転職率が高いと言えます。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えています。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。給料は勤めている会社によって違うものですが、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院と町医者とでは収入に差が出てしまいます。ですので、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという必要不可欠な仕事なのです。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。平日が休みになってしまっては、友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みをよく聞きます。または、昨今の看護師不足の影響から休みが取れないということも珍しくありません。こうした状態を変えたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。一般的に、注射が好きな人は稀でしょうが、実際に打たれるとしたらベテラン看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手な人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。往々にしてキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。病院勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩をとることはとるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。長時間勤務がザラだということも看護師として勤務することがハードだと思われやすい理由になっていると思います。看護師は好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際には印象通り、喫煙率は平均より少ないようですね。医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している看護師が多いと理解できると思います。看護師というものは勤務時間が一定でないことに加え、キツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っていると看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職の年収とはいえそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは750万円位だと推測できます。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は絶対に夜勤が必要になる職業です。具体的な勤務時間でいうと、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、対する3交代勤務の夜勤では勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。就職しようとしている病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。最近の交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変でした。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、何てったって、もしも離職している期間があっても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。理由として、看護師が専門職だからということと現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国する必要があります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に徐々に男性看護師も増加しています。看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。昨今、看護師は不足傾向にあります。看護師資格を持っているけれども、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。看護師不足が起こる原因は看護師の離職率が高いということが大きいと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。しかしながら、ここ数年の間に徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を理解しておきましょう。これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、とても勉強になります。良くない面を挙げると、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、時間をかけて確実にそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容も、学校の授業を勉強しておけば十分に合格できるものですので、これといって看護師の資格取得は難しいものでもないようです。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも意外と多いのです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと出世していきます。例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も必要で、多くの看護師がかなりの重労働をこなしているといわれています。徐々に男性看護師も増加していますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスにやられてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも深刻な現状を表しているといえます。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実をいうと純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。仮に看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。夜勤の有無によってかなり手取りが左右されます。国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですから看護学校の受験合格を目指した予備校に通う人も増えています。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

井関とムラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です